SLP WORKS SHAD TUNE
SLP WORKS シャッドチューン
IMAGE

PRO'S VOICE by 長谷川耕司

――「スピニングリールよりも優れた飛距離と使用効率」琵琶湖北湖を中心にビッグバスをターゲットにした人気ガイドの長谷川耕司によるジャーキングメソッド。

スピニングタックルで行うのが常識だった軽量のシャッド系プラグをSS-AIRベイトリールで使用すると飛距離、手返しの面において明らかな使用効率のアップを図ることが出来る。ベイトフィネス専用機であるAIRシリーズを巻物ベースと言えるこのギヤ比にチューンすることでさらに快適でハイレベルなシャッドゲームを行うことが可能になると言えます。スーパーハイグリップノブについては、触った時の感触の良さと、濡れてもしっかりとグリップするのが良いですね。

さらにもう一つ、スピニングタックルでは使用しづらい8~12ポンドのライン使用することも可能になり、カバー周りやビックバスを狙った釣りにも非常にマッチしたセッティングだと言えます。
今注目のDシャイナ-は飛距離、ジャークのし易さとジャーク時のダート幅このどれもが自分のシャッドを使う基準点をしっかりとクリアーしているハイレベルなシャッドプラグです。