SLP WORKS SHAD TUNE
SLP WORKS シャッドチューン
IMAGE 

PRO'S VOICE by 川村光大郎


――「シャッドの釣りが変わる!」川村光大郎が実戦投入で感じたSHAD TUNEの実力とは…

こんにちは、川村光大郎です。先日、SLP WORKS SS AIRシャッドチューンを実戦投入してきました。
感想からお伝えすると、抜群にイイ!
これまでシャッドはキャスタビリティに長けた一部のシャッドを除いてはスピニングタックルで扱っており、それはもちろん、軽いシャッドはベイトタックルでは満足に投げることができなかったことが一番の理由です。
スピニングタックルであっても、キャスト精度をたいして求められないオープンウォーターであれば全く問題はナシですが、「護岸際にタイトに入れていく、ピッチングで狭い隙間に入れていく」といった精度が求められるシチュエーションでは一発で入らずに、何度か入れ直すこともしばしば・・・
「狙ったスポットに正確に入れる」ことに関しては、サミングの微調整が可能なベイトタックルのほうが断然やりやすいのです。

また、霞水系に多い、ゴロタ石や水中のテトラといった根掛かりが多発するシャッド場においては、根掛かり回収機を持っていてもオカッパリでは届かない場合も多く、最終的にはラインの引っ張り強度で勝負することになりますが、そこで仮にスピニングでの4~5ポンドとベイトタックルでの7~10ポンドとでは回収率に明らかな違いが出ます。
ちなみに自分は、スピニングでの対応策として、ワンランク太くしてもキャスタビリティやトラブル増加に影響のない、ナイロンライン(デュラブラトリプルテン)の6ポンドを選択しますが、それでもフロロの4ポンドと比べると回収率はUPします。
スピニングに太糸を巻くと、キャスト時にラインがドバっと出て絡まってしまうトラブルが多発しますので、太めのラインでも快適に扱えるベイトタックルのメリットはここにも現れます。

SS AIRの軽い回転性能とバックラッシュのしにくさは、ネコリグやスモラバを使ったベイトフィネスの釣りで分かっていましたから、ギア比を6.3に下げて、ハンドルノブもノンスリップタイプに交換したシャッドチューンのメリットは、これまでのシャッドの釣りでストレスに感じていた上記に対しての特効薬になることは容易に想像がつきました。
で、実践投入はいきなりルアーマガジンさんの実釣取材。ロッドは、スティーズ・ライトニングⅡを組みました。
まずはシャッドではなく、タイニーブリッツMRを投げたのですが、シャッドよりも投げやすいルアーだけに楽勝過ぎ!抑え気味にキャストしないと、必要以上に飛びすぎるくらいです。
次にダンク。これまた小型シャッドながらキャスタビリティに長けたシャッドなので、快適過ぎるほどに快適!かつてリベルトピクシーでやっていた釣りが、さらによく飛び、スポットキャストも低弾道でスムーズに入ります。
さらにDシャイナー。これまた投げやすいシャッドだけに、問題はゼロ。極めて快適なキャストフィールでした。

ならば、と、これまでスピニングでしか扱えなかったハイカットをセット。試しにノーサミングでキャストすると・・・普通に投げられる!
狭いスポットにもベイトタックルならではの高い精度でスパスパと入れられるので、なんとも快感!
バックハンドキャストのような力の入りにくいキャストでも、軽いリールの回転性能とタックルの軽さとが相まって最高にやりやすい!
これまでハイカットでは不可能だった攻めが可能になりました。
この様子は、動画カメラもついていたのでいずれ公開になるかもしれません。
素で喜んでいたと思います。
この日は、シャッドとタイニークランクの併用を考え、ラインはフロロ(フィネスブレイブ)の8ポンドを組んでいましたが、シャッドをメインで使う状況なら、6~7ポンドのラインで組んでも良さそうです。

長文になりましたが、シャッドの釣りが変わるといっていいほど、このリールの価値は高いと感じました。
この冬はかなり活躍してくれそうです。